ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナー(FPと呼ばれることもあります)は、どのような資格なのでしょうか。お金を扱っているようなイメージがある資格なのですが、実際にはどのような業務をするのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ファイナンシャルプランナーは、顧客の資産状況に合わせて、顧客が求める目標達成ができるよう、資産の運用をアドバイスする職業です。アドバイスをするため、ファイナンシャルプランナーは、幅広いお金の知識を保有しています。

単純な貯蓄やローンに関する知識はもちろん、老後の年金や生命保険に関する知識まで保有しているのです。生活設計のエキスパートとも言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事とは

生活設計のエキスパートとして、持っている知識を存分に活かし、顧客が求める目標が達成できるよう、アドバイスやサポートを行うのが仕事です。

例えば、夫婦共働きで、世帯収入が月に50万円あるのに、まったく貯蓄ができず、将来子供ができた時や老後の貯蓄も不安である。こういった顧客に対し、日々の支出の見直しや、内容が重複し過剰になっている保険の支払いがないか、という項目を確認し改善のアドバイスを行うのが、ファイナンシャルプランナーの仕事なのです。

例に挙げたような世帯でよくあるのが、過剰に衣類や装飾品にお金をかけている、食費や通信費が異常なまでに高い、といったことがあります。収入の中でやり繰りしているのであれば、その人たちの勝手だとも言えるのですが、ファイナンシャルプランナーは、そういった顧客の皆さまに対し、より目的に沿ったアドバイスを求められます。

資格取得によるメリット

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、どんな仕事ができるのかは分かっていただけたかと思います。では、資格取得によって、日々の生活にはどのようなメリットが存在するのでしょうか。

特化した取得も取得し独立を目指せる

正直なところ、ファイナンシャルプランナーの資格だけでは、なかなか独立して開業してしまうというところまで行うことはできません。というのも、ファイナンシャルプランナーは、生活に関わる幅広い資産運用のアドバイスを行うことはできますが、浅く広く扱う資格であるため、独立は難しいのです。

しかしながら、ファイナンシャルプランナーの資格と知識を持ちながら、その中でも自分が得意とする分野に特化した資格を取得すれば、独立という大きな夢を持つこともできるのです。

有名な資格だと、行政書士や税理士、公認会計士というのは、聞いたことがあるのではないでしょうか。競争は激しいですが、独立はしやすい資格と言えるでしょう。

家族の役に立つ

ファイナンシャルプランナーの資格を取得できたということは、より上級のFP資格を取得するほど人の相談に詳しくアドバイスできるということです。

それを考えれば、家族の生活設計でさえ、しっかりと見直すことも、なぜこうしなければならないのか上手に話すこともできるのです。「浪費しすぎだ」と感情的に話すこともなくなり、「○○だから××した方がいい」と熱くなりすぎず、理論的かつ合理的に話を進めることができます。