FPの資格の差

FPにも、比較的簡単に取れるとされる資格から、難易度が高いとされる資格まで、幅広く存在します。それぞれの資格には、どのような差があるのでしょうか。

FP技能士

FP技能士の資格は、FP技能検定によって得られ、3級から1級まで存在します。3級が最も難易度が低く、1級が最も高難易度です。資格取得によりFP技能士と名乗れるようになるため、FP3級を取得したのであれば3級FP技能士と名乗ることができるのです。

FP3級の取得だけでは、できることは限られてしまいますが、2級もしくは1級を取得してしまえば、AFP/CFP資格取得に挑戦できる必須条件の一つをクリアできます。

FP技能士の資格を取得することにより、FP業務の第一歩を踏み出すことができます。逆に、FP技能士の資格を取得しないと、FPを名乗って業務は行なえませんし、このあとに紹介するAFP資格を取得することはできません。

AFP資格

FP技能士の上位に位置する資格とも言えます。実質、2級FP技能士の資格取得により、AFP資格も得る条件の一つが得られるようになっています。

AFP資格(2級FP技能士)の試験に臨むためには、FP業務に関する2年以上の実務経験が必要です。そのため、3級FP技能士の資格を取得し即業務に携わっても、それから最低でも2年は待たないといけないのです。

2級FP技能士であれば、AFP認定研修を修了することにより、AFP資格を得ることができます。また、3級FP技能士であっても、AFP認定研修の修了までにFP技能検定の2級に合格し2級FP技能士になれれば、同様にAFP資格を得ることができます。

その他にも、先にAFP認定研修を終了させておき、後から2級FP技能士の資格を取得することで、AFP資格を取得することも可能です。

CFP資格

CFP資格は、今回紹介した中でも最も高難易度の資格です。しかし、加盟している世界各国でも通用する国際的な資格であり、FP技能士やAFP資格と違い、国内だけに留まらないのが特徴と言えます。

受験資格は、AFP資格の保持者もしくは大学院で所定の課程を修了した者、かつ20歳以上であるため、現実的なのはAFP資格を取得しながら実務経験を積むことではないでしょうか。

CFP資格を取得するためには、実務経験が通算で3年以上必要とされていますが、FPとしての資格にとどまらず、FP分野に関わる幅広い経験が、実務経験として計上されます。

ボランティア活動でも、顧客さえいればいいため、事業の手伝いを無償でやらされていたとしても、それが実務経験として役に立つかもしれませんね。

FP試験の日程

平成29年度に行われる、FP試験の日程や受験方法、場所などについて確認していきましょう。ここでは、主に日本FP協会の情報を基に解説していきます。毎年ほぼ同時期に試験が開催されていますので、参考になさってください。

3級/2級FP技能士

 試験日受験申請期間合格発表日
第1回平成29年5月28日(日)3月17日(金)~4月7日(金)7月4日(火)
第2回平成29年9月10日(日)7月5日(水)~7月25日(火)10月20日(金)
第3回平成30年1月28日(日)11月14日(火)~12月5日(火)3月8日(木)
参照:試験日程 | 日本FP協会

FP技能士の3級と2級は、試験日も開催場所も同一です。試験を受けたい回の受験申請期間内に、インターネットもしくは書面にて申込みをし、受験料を支払うことで、申込みが完了します。FP技能士の3級と2級では、学科試験と実技試験を同時に受けることも、別々に受けることも可能です。

受験票は、試験日のおよそ1ヶ月~3週間前に手元に届くはずです。申込情報に間違いがないかよく確認し、無くさないようにしましょう。

試験を受ける場所は、申込時に開催場所の中から好きな場所を選択することができます。自宅の近くでも、職場も近くでも受験が可能なのは便利ですね。開催場所は多数あるため、公式サイトを参考にしてください。

公式サイト: https://www.jafp.or.jp/exam/district_list/loc_a.shtml

1級FP技能士

試験日(技能)受験申請期間合格発表日
平成29年9月10日(日)7月13日(木)~8月3日(木)11月7日(火)

参照:試験日程 | 日本FP協会

 試験日(学科)受験申請期間合格発表日
第1回平成29年5月28日(日)3月17日(金)~4月7日(金)7月4日(火)
第2回平成29年9月10日(日)7月5日(水)~7月25日(火)10月20日(金)
第3回平成30年1月28日(日)11月14日(火)~12月5日(火)3月8日(木)

参照:2017年度試験日程・科目・受検手数料 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

1級FP技能士になるための試験の大まかな流れは、3級・2級FP技能士と変わりありません。少し違うのは、日本FP協会では、学科試験は実施しておらず、実技試験のみを取り扱っていることです。また、試験会場も全国14都道府県に限定されており、受験しに行くのが面倒な地域も存在するでしょう。

学科試験も受験したい場合には、金融財政事情研究会を利用する必要があります。なお、金融財政事情研究会では、学科も技能も、どちらの試験も受験することができます。

なお、日本FP協会主催の技能試験の詳細な試験会場は、平成29年8月下旬に発表される予定であり、現状は未定です。参考として、平成28年度に実施された公式サイトでの会場発表を見てみると、その少なさがよくわかります。

公式サイト: http://www.jafp.or.jp/exam/1fp/district_list/

CFP資格

 試験日(第1日目)試験日(第2日目)出願期間(ネット)出願期間(書面)全6科目合格発表日
第1回平成29年6月11日(日)平成29年6月18日(日)4月6日(木)~5月8日(月)4月6日(木)~4月19日(水)7月21日(金)
第2回未定未定未定未定未定

参照:CFP®資格審査試験 | 日本FP協会

CFP資格を得るための試験の大まかな流れは、FP技能士やAFP資格と変わりありません。大きく違うのは、試験科目が全部で6教科あるため、2日間に渡り試験が行われることです。

受験票は、第1回の試験であれば平成29年5月29日に普通郵便のハガキで一斉に受験者の元へ発送されるため、到着は受験日まで2週間もないというスケジュールになります。

また、インターネットと書面での出願で、期限に大きな開きがあるため、書面での出願を考えている方は、注意が必要と言えます。

試験会場はAFP資格と同じく、14都道府県の中から選ぶことができますが、1日目と2日目で別々の試験会場を選択することはできません。例えば、1日目を勤務先の最寄り会場、2日目を別の場所として自宅の最寄り会場、という出願も変更も行えないため、会場選択は慎重に行う必要があります。

平成29年度の第1回試験の詳細な試験会場は、平成29年4月6日に行われる予定です。が、平成28年度の第2回の開催場所を参考に、どのような場所が選ばれているのか、参考にしていただくといいでしょう。

公式サイト: https://www.jafp.or.jp/aim/cfp/cfp_exam/loc.shtml