AFPとは

AFPとは、AFP認定研修を修了することで取得できる資格です。FP技能士との違いで説明したように、2級FP技能士の資格を取得すれば、自然とAFP認定研修を受けるステップに進む方が多いのではないでしょうか。

AFP資格を取得するためには、2級FP技能士の資格を保有しAFP認定研修を受けるだけでなく、AFP認定研修を先に修了させておき、後から2級FP技能士の資格を取るほか、3級FP技能士の資格を保有している方が2級FP技能士の資格取得と並行して、AFP認定研修を修了させることでも得ることができます。

FP技能士と違い、確実に研修を行うことで技能の証明にもなるため、ファイナンシャルプランナーとしてのステップアップや、自分の能力をアピールするのに最適な資格と言えます。

しかしAFP資格は、取ったらそれで修了という資格ではなく、2年ごとの更新が存在し、一定以上の活動を行っていないと更新が行えず、AFP資格が失効してしまいます。そのため、資格取得後も継続した勉強や、セミナーへの参加といった定められた活動が必要なのです。

AFP資格とFP技能士との違い

AFP資格とFP技能士は、似ているようで少し差がある資格です。2級FP技能士がベースとなる資格がAFP資格であり、基本的には2級FP技能士の資格を取れば、AFP資格も一緒に取ることが多いはずなのです。

その理由として、AFP資格の取得条件が、2級FP技能士の資格を取得することであり、より幅広く活躍する、また資格をアピールするために、AFP資格も取得するほうが、効率的といえるからです。

いわば、FP技能士は入門的な級から用意されている、ファイナンシャルプランナーとしてのファーストステップとして取得するためのものであり、AFP資格はファイナンシャルプランナーとしての試験をより多く受け、より多くの知識や経験を持っていることをアピールできる資格と言えるのです。

AFP認定者になる方法

AFP資格の中には、AFP認定者というものもあるようですが、どうすれば認定されるのでしょうか。

なんと、2級以上のFP技能士資格を保有しAFP認定研修を修了したのであれば、その時点で既にAFP認定者になる権利は保有しているのです。あとは、AFP認定者として「認定」をしてもらうために、申請を行うことが必要なのです。

申請が正常に受理された時点で、晴れてあなたはAFP認定者として認められる、という仕組みになっているのです。すなわち、AFP資格を取ったのならば、その流れとして日本FP協会に正しく申請を行うことで、AFP認定者になれるのです。